製品紹介

フリーズドライとは

原料を凍結させてから、減圧による真空環境下で凍った水分を水蒸気にし(昇華)、その水蒸気を除去することによって
乾燥させる方式です。
真空凍結乾燥とも言われ、氷のまま乾燥するので、熱に弱い物質でも成分の変化が少なく、復元性にも優れています。

以下の様々な分野でフリーズドライ技術が使われています。
・インスタント食品や、宇宙食などの食品
・生薬などの医薬品
・浸水してしまった古文書や公文書の乾燥


フリーズドライ装置
フリーズドライ装置

マイナス120℃※1のコールドトラップを搭載した真空凍結乾燥機

◇新冷却方式採用により、 省電力化 に成功
◇地球環境に優しいヘリウムガスを使った新冷却システム
◇500Wのヒーター使用により、乾燥時間短縮
長時間の連続運転が可能
◇コンパクト設計で、省スペース
静音性・低振性を考慮した設計

容積・トラップ量・操作性など、用途に合わせた特注も承ります。
装置仕様のご相談は、お問い合わせください。



使用電力凍結乾燥動作時コールドトラップ300W
熱量供給ヒーター500W
真空ポンプ※2550W
融氷時720W
コールドトラップ最低温度-120℃※1
コールドトラップ容量8L
乾燥室容量45L
外形寸法W(640) ×D(900) ×H(1405)

※1 熱負荷、周囲温度等により最低温度が変わることがあります。
※2 真空ポンプの機種により消費電力が変わることがあります。
注)この仕様は、改良や改善で変更になることがあります。


フリーズドライ装置 フリーズドライ装置 フリーズドライ装置操作盤 【左側面】 【正面】 【操作盤】

ページの先頭へ